工業用組立ラインのアルミニウム プロファイルとは何ですか?

  • 投稿者:ShiJunHongMAO
  • 日付:2022 / 09 / 28

組み立てラインのアルミニウム プロファイルについてどのくらい知っていますか?

組立ラインのアルミニウム プロファイルは、いわゆる T スロット アルミニウム プロファイル、自動機械産業および生産ラインで使用されるアルミニウム合金プロファイルを指します。 素材。 素材は主に6063-t5で、表面処理は主にアルマイトとフロストカーボンコーティングです。 耐腐食性と耐摩耗性、美しく耐久性があり、多くの製造業で使用されています。 さまざまな組立ラインブラケット、機器のアルミプロファイルラック、安全柵の支柱、大型機器フレーム構造などを作るためによく使用されます。 T スロット アルミニウム プロファイル? 一緒に調べましょう。

·可塑性が良く、加工方法が簡単

組み立てラインのアルミニウム プロファイルは、さまざまなセクションのニーズに応じてカスタマイズおよび処理できる押出セクション プロファイルです。 また、従来のスチール プロファイルと比較して、アルミニウム プロファイルは加工が簡単で、簡単な設計、切断、打ち抜き、タッピング、付属品の取り付けのみが必要で、溶接は不要で、切断、溶接、サンドブラスト、塗装の必要がありません。

 

·分解・組立が容易で、柔軟に変更可能で、拡張性に優れています.

T組み立てラインのアルミニウム プロファイルは、溶接や塗装なしで付属品を一致させることで接続されます。 また、アクセサリ接続を使用しているため、接続方法はさまざまで柔軟であり、後で製品を拡張およびアップグレードすることも便利です。 従来の材料は溶接する必要があり、溶接には時間と労力がかかり、コストが高くなります。 後の段階で溶接接続点を修理することは容易ではなく、後の段階で製品をアップグレードすることは容易ではありません。

 

·アルミニウムプロファイルには、完全な仕様と多くの表面処理方法があります

アルミニウムプロファイルは、アルミニウム合金押出プロファイルの一種であり、業界には何百もの従来の仕様とモデルがあります。 また、ユーザーのニーズに応じて設計および処理することもできます。 ユーザーの多様なニーズに応えるため、表面処理は多様化し、幅広い用途を有しています。

 

·美しく耐久性があり、長い使用時間

プロファイルの表面処理は滑らかで平らで、さまざまな色から選択でき、全体的な外観はエレガントです。 プロファイルの表面は処理され、酸化膜で覆われているため、従来の材料よりも酸化しやすいプロファイルを酸化や腐食から保護できます。 アルミニウムプロファイルは、耐腐食性と耐摩耗性があり、錆びにくく、変色しにくく、長期間使用できます。

·誤差が少なく高精度、高精度機器に最適

組み立てラインのアルミニウム プロファイルの取り付けプロセスで使用される付属品は、溶接を使用する従来の材料とは異なり、材料は変形しやすいため、アルミニウム プロファイルの組み立て精度は高くなります。 さらに、プロファイル加工のプロセスでは、業界の寸法仕様と規格が参照され、公差が厳しく、高精度が要求される精密機器の使用に適しています。

 

·省エネと環境保護、リサイクルして何度も再利用できるため、企業のコストを削減できます アルミニウムは環境にやさしい素材で、塗装の必要がなく、汚染もありません。 付属品で接続され、溶接なしで、分解が容易で、材料はリサイクルおよび再利用できます。 時間と労力を節約し、いつでも分解できるため、企業の人件費と投資コストを節約できます。

一般に、 が待 T スロット アルミニウム プロファイル シンプルな加工方法、多くの品種、完全な仕様、軽量のユニット重量、優れた機械的および物理的特性、高い接続強度、優れた支持力、便利な分解と取り扱い、美しく耐久性のある、省エネと環境保護、手頃な価格のためです、 幅広い用途とその他の特性は、すべての人に愛されています。

 

1.jpg

組立ラインのアルミニウム プロファイルの一般的な処理方法は何ですか?

 

組立ライン アルミニウム プロファイルは、ワークショップの生産ラインで使用される工業用アルミニウム プロファイルです。 エレクトロニクス、食品、およびその他の業界での製造、組み立て、およびテストに広く使用されています。 組み立てラインのアルミニウム プロファイルは、優れた支持力と高い接続強度を備えた元のアルミニウム インゴットから押し出されます。 CNCで加工でき、自動生産ライン用にカスタマイズできます。 では、一般的に使用される処理方法は何ですか?

 

: 組立ラインの 6 つのアルミニウム プロファイルの長さは XNUMX メートルで、必要に応じてサイズと角度で切断できます。 切断工程では、精度の管理に注意を払い、断面が滑らかでバリがないことを確認する必要があります。 加工における切削の割合は非常に大きいため、切削エラーを減らすには、優れた CNC 機器とツールを使用する必要があります。

打ち抜き: すべての組立ライン機器がパンチングを使用するわけではありません。 パンチングは一般的にアクセサリーの取り付けに使用され、アクセサリーは美しく強いプロファイルに配置できます。 打ち抜き穴の種類には、貫通穴、皿穴、止り穴、取り付け穴があります。 異なる穴には異なる機能があります。 穴の位置精度と深さは、設計図面の要件に厳密にする必要があります。

盗聴: タップ寿命と正確な深さ制御を達成するために適切な潤滑剤を使用して、端面タップと穴あけタップを含みます。 タップ加工はプロファイル端面の中間穴で行うのが一般的で、穴のサイズ範囲内でのタップ加工には注意が必要です。

仕上げ加工: ホールミリング、スロットミリング、フェイスミリング、エンドミリング、曲げ加工などを含む、精密な機械加工には専門的な CNC 機器が必要です。

アセンブリ:弊社またはお客様先での組立が可能です。 作業量が比較的多く、距離が比較的長い場合は、一般的にオンサイトインストールを使用することをお勧めします。 設置指導と現地設置サービスを提供します。 付属品へのダメージを軽減するため、組み立てにはアレンレンチやゴムハンマーなどの専門工具が必要です。

 

工業用組立ラインの分野における工業用アルミニウムプロファイルの適用分野は何ですか?

 

周囲を見渡すと、工業生産がある限り、自動車組立工場、家電工場、ロボット工学、自動化、食品生産工場、化学原料生産ラインなどの工業用アルミニウムのプロファイルが表示されます。組立ラインに関しては装置、組立ラインの分野での工業用アルミニウム プロファイルの適用も非常に重要です。 

組立ラインは組立ラインとも呼ばれます。 そのフレームは工業用アルミニウムプロファイルで構成されており、さまざまな機能に応じて多くのタイプに分けられます。 最も一般的に使用されるのは、ベルトライン、チェーンプレートライン、およびローラー組立ラインです。 人と機械の融合です。 工業生産モードでは、指定された旅程に輸送することができ、同時に多くの異なるタスクを完了することもできます。 輸送量はかなり多く、効率は手作業の生産よりもはるかに高くなります。 したがって、組立ライン設備は工業生産と切り離すことはできません。

最も一般的に見られるのは、電子工場の組立ライン設備です。これは一般的にベルト ライン組立ラインです。これは、電子工場の製品は通常、比較的小さくてデリケートであり、ベルト ラインは工業用アルミニウム プロファイル フレームに取り付けられているためです。それらの重量に耐えます。 一部の組み立てラインには、工具や材料を配置するためのアルミ製作業台も装備されています。 一部のワークベンチには帯電防止が必要です。これも工業用アルミニウム プロファイルで作られており、帯電防止の役割を果たし、生産の安全性を確保できます。

対応する材料回転車は、組立ラインの隣に装備する必要があります。 各組立ラインで生産されるモノは異なり、投入される材料も異なります。 アルミプロファイルターンカーへの材料投入は、生産効率を上げる上で非常に重要です。 必要な手順。 多くの半製品は、次の工程に入る前に一定期間置く必要があり、工業用アルミプロファイルラックを使用して配置する必要があるため、生産された製品をすべて現場で積み重ねることはできず、指定された場所に個別に配置する必要があります。 .

さまざまなニーズに応じて、工業用アルミニウム プロファイル ラックには、一般的な収納ラックとアルミニウム プロファイル ワイヤー バー ラックがあり、一定の支持力があります。 アルミニウムプロファイルには、対応するボルト、ナット、アングルピース、およびその他のアクセサリが装備されており、キャスターが取り付けられているため、前後に移動できます。 、 組み​​立てが非常に簡単で便利で、分解後も継続して使用できます。 無駄にはなりません。 組み立てラインで生産された製品は、製品が次の生産リンクに入ることができるように、アルミニウム プロファイルの棚に置かれます。

自動車工場の場合、多くの部品やコンポーネントは、生産中に組み立てラインで完成させる必要があります。 自動車は生産量が多く、手作業での生産は効率が悪いため、組立ラインは欠かせません。 ロボットは、溶接ワークショップと最終組立ワークショップの両方で使用されます。 溶接ロボットの外側は、工業用アルミニウム プロファイルで作られた保護カバーで保護する必要があります。 この保護カバーは、通常、アルミニウム プロファイルとアクリル板、アルミニウム板、または有機ガラス板で構成され、火花が人間の目に飛び散るのを防ぎます。 最終組み立てロボットは、工業用アルミニウム プロファイルの安全フェンスで囲む必要があります。 このフェンスは一般的にメッシュシートで構成されており、安全エリアを区切るためにも使用されます。 組立工場では、部品とシェルを組み立てるための組立ラインも使用されます。 スペースを節約するために、ホイストも使用されます。 ホイストは、作業中にシェルや部品が飛散して怪我をするのを防ぐために、工業用アルミニウムプロファイルの安全フェンスにも囲まれています。 人員。

食品製造工場の組立ラインも多く使用されており、通常はベルトライン組立ラインとローラー組立ラインがあります。 アルミプロファイルバーラックを装備することで、生産された製品を次のリンクにすばやく移すことができるため、食品衛生が確保されるだけでなく、生産効率も向上します。

化学原料生産ラインで使用されるアルミニウムプロファイルの要件は比較的高く、一定の支持力、耐食性、および高温耐性が必要です。 一般的に、ローラーとチェーン プレート ラインが使用されます。 使用される資材トラックも、一定の支持力を備えている必要があります。 化学原料は一般に重くて腐食性があるため、工業用アルミニウム プロファイルを使用することで、そのニーズを十分に満たすことができ、作業員が害を受けないようにすることもできます。

工業用アルミニウム プロファイルには一定の支持力、耐食性と耐熱性、明るい色があるため、正確です。生産ライン、工業用アルミニウム プロファイルの棚、安全フェンス、保護カバー、ターンオーバー車両、またはアルミニウム プロファイルの作業台がある場所ならどこでも。 、商品を運んでいる間、商品が汚染されていないことを確認でき、解体後に他の場所で使用できます。 耐久性があり、個人の安全を確保し、企業のコストを削減し、作業効率を向上させることに最も貢献しています。

 2.jpg

押し出しアルミニウムプロファイル

アルミニウムは、その機械的特性により、押出および形状プロファイル用に非常に一般的に指定されている材料です。アルミニウムは、ビレット セグメントから金属を成形および成形するのに適しています。 アルミニウムは延性が高いため、機械加工や成形プロセスに多くのエネルギーを費やすことなく、金属をさまざまな断面に簡単に成形でき、アルミニウムの融点も通常の鋼の約半分です。 これらの事実はどちらも、押し出しアルミニウム プロファイル プロセスのエネルギー消費が比較的少なく、工具や製造コストが削減されることを意味します。 最後に、アルミニウムは強度対重量比も高く、産業用途に最適です。

 

種類: さまざまな複雑な押し出しアルミニウム プロファイルをさまざまな厚さで作成できます。 これらの構成パラメーターには、最終用途のアプリケーションに必要なさまざまな複雑なインタースティシャルの関連付けを含めることができます。 さまざまな自動化アプリケーションを容易にし、あらゆる性能重量要件を満たすために、さまざまな内部ボイドが利用可能です。 アルミニウム プロファイルの最も一般的なタイプは中空ビーム プロファイルで、これは正方形プロファイルの単なるバリエーションです。

 

表面タイプ: 押出プロセスの副産物として、プロファイルの表面に小さな、かろうじて見える線が現れることがあります。 これは、押し出し時のヘルパー ツール フォーミングの結果です。他の仕上げを指定して、これらの線を削除できます。 プロファイル セクションの表面仕上げを改善するために、主な押出プロセスの後に正面フライス加工などのマイナーな表面処理操作を実行できます。 これらの機械加工操作を指定して、表面のジオメトリを改善し、押し出されたプロファイルの全体的な表面粗さを減らすことで、パーツのプロファイルを改善できます。 これらの処理は、部品の正確な位置決めが必要な場合や、合わせ面を厳密に制御する必要がある場合に指定されることがよくあります。 押出プロセスの副産物として、プロファイルの表面に二次的な表面処理が行われることがあります。 アルミニウムは、機械加工操作を指定できるため、土台と形状プロファイルの非常に一般的な指定材料です。

 

目的 : アルミニウム プロファイルは、製造業全体のプロセス ラインや自動モーション アプリケーションなどの産業オートメーション アプリケーションで最も一般的に使用されています。 強くて軽いので人が扱いやすく、自動化された構造物に必要なさまざまな構成に組み込むことができます。 従来の自動化アプリケーション以外では、軽量化の一環として、構造グレードのアルミニウム プロファイルさえ指定されています。 この意味で、自動車や LED 建設プロジェクトなど、他の最終消費者向け製品のフレームとしてますます使用されるようになっています。 より高度なアルミニウム合金と表面コーティング技術の開発により、その使用はこれらの新しい分野に拡大しています。

 

 アルミ押出成形の工程とは

 アルミ押し出しの概念になじみがないかもしれません。 簡単に言えば、工業用アルミニウムプロファイルは、ダイに従って押出機を通してアルミニウムから押し出される材料です。 それがヨーロッパ標準のアルミニウム プロファイル、国家標準のアルミニウム プロファイル、またはカスタムメイドのプロファイルであるかどうかにかかわらず、それらはすべてアルミニウム押し出しによって作られています。 押し出しアルミニウム プロファイルをよりよく紹介するために、アルミニウム押し出しを見てみましょう。 圧縮成形プロセス?

·上質な原材料を厳選:アルミニウム棒は、工業用アルミニウムプロファイル原材料と呼ばれる、溶解および鋳造によってアルミニウムインゴットで作られています。 原材料は、工業用アルミニウム プロファイルの性能に直接影響します。

·アルミニウム棒の温度制御加熱: 温度が高すぎたり低すぎたりすると、最終製品の硬度に直接影響するため、加熱および冷却中の温度を厳密に管理する必要があります。

·プロファイル金型の設計:金型は、要求に応じて高精度の仕様で設計されており、要求される仕様と断面のプロファイル製品を押し出すために使用されます。

·工業用アルミニウムプロファイルの押出: 現在、6063-T5 工業用アルミニウム プロファイルに使用される標準の押出プレスは 1300 トンから 1600 トンで、6063-T5 シリーズの工業用アルミニウム プロファイルの通常の生産を満たすことができます。

·輪郭矯正補正: 工業用アルミニウム プロファイルの押し出し後に、一定の偏差が生じます。 成形後、矯正機で矯正してください。

·人工老化: 一般的に言えば、押出成形によって製造されたアルミニウム プロファイルは、強度を向上させるために時効処理を行う必要があります。

押し出されたアルミニウム プロファイルは広く使用され、高品質の原材料が選択されます。

 

工業用アルミニウムプロファイルを選択する際に考慮すべき要素は何ですか?

 

さまざまな工業用アルミニウム プロファイルに直面して、ユーザーが時間の長さを選択することは困難です。 今日は、工業用アルミニウム プロファイルを選択する際に考慮すべき要素をいくつか紹介します。 ; 工業用アルミニウム プロファイルを選択する際は、次の点に注意する必要があります。

硬度: 硬度はもちろん、ユーザーが考慮する最初の問題です。 もちろん、アルミニウム プロファイルの硬度が適用される基準を満たすことができるかどうかについても、彼らは非常に懸念しています。 硬度の最初の選択は、追加された化学組成に直接関係し、達成できる最高の硬度、7 シリーズ、6 シリーズ、4 シリーズ、2 シリーズ、5 シリーズの硬度に関して、特定の影響があります。 3系列、1系列の材料が順番に減少します。

第3章:濃度: 強度は、製品を製造する上で考慮すべき重要な要素です。 アルミニウム合金を部品として使用する場合、耐圧に応じて適切な合金を選択する必要があります。 純アルミニウムの強度が最も低く、2シリーズと7シリーズの熱処理合金の強度が最も高く、硬度と強度には一定の線形関係があります。

耐食性:耐食性には、化学的腐食、耐応力腐食性、およびその他の特性が含まれます。 一般的に言えば、1 シリーズの純アルミニウムは耐食性が最も高く、5 シリーズは耐食性が高く、次に 3 シリーズと 6 シリーズ、2 シリーズと 7 シリーズは耐食性が比較的低いです。 耐食性特性の選択の原則は、その使用の機会に依存することに注意してください。 高強度合金の腐食環境では、さまざまな防食複合材料を使用する必要があります。 これにより、製品の腐食を効果的に防止することができます。 一般的には5シリーズ、3シリーズが多く使われています。 最高の1シリーズの純アルミニウム材を選ぶ必要はありません。 コストも考慮する必要があります。 一般的に言えば、適切なものを選択してください。 アルミ素材が使用できます。

被削性:被削性には、成形性と切削性が含まれます。 成形性と状態を考慮して、対応するアルミニウム合金グレードを選択した後、さまざまな状態の強度範囲も考慮する必要があります。 一般的に言えば、高強度材料のアルミニウムは成形が容易ではなく、アルミニウム材料の曲げ、引き伸ばし、深絞り、およびその他の成形プロセスの後、アニールされた材料の成形性は最高ですが、熱の成形性は処理された素材は最悪です。 アルミ合金の被削性は悪く、金型や機械部品の被削性は良好です。

溶接性:ほとんどのアルミニウム合金は溶接性が良好であり、代表的なものは溶接性に優れた5系列の一部のアルミニウム合金です。 相対的に言えば、2シリーズと7シリーズの溶接性は悪いです。

装飾特性: ユーザーが工業用アルミニウム プロファイルを購入する場合、その装飾特性も非常に魅力的です。 一般的に、アルミニウム素材を特定の装飾や特別な機会に使用する場合、アルマイト表面処理とコーティング処理を行う必要があります。 耐食性に優れたその他のプロセスおよび材料は、優れた陽極酸化性能、表面処理性能、およびコーティング性能を備えています。

  • Wechat

    Wechat

オンラインサービス

お問い合わせ

CONTACT US

連絡先メールアドレス
連絡ロゴ

佛山Shijunhongmaoのアルミニウム技術Co.、株式会社。

私たちは常にお客様に信頼できる製品と思いやりのあるサービスを提供しています。

直接連絡を取りたい場合は、 弊社までお問い合わせください。

  • Home

    ホーム

  • Tel

    Tel

  • Email

    メールアドレス

  • Contact

    お問合せ